私のLINE Pay遍歴、2022年9月現在まで…

私は2022年9月現在、日頃の買い物で、Google Payの電子マネーiDとVisaタッチにVisa LINE Pay プリペイドカードを紐づけて、メインで利用しています。

楽天市場では楽天カードを利用していますが、それ以外のネットショッピングにはVisa LINE Pay クレジットカードを利用しています。

LINE Payについては、これまで様々なカードや支払い方法を利用してきました。

これまでの私のLINE Pay遍歴をまとめます。

スポンサーリンク

LINEアプリのLINE Pay

2014年12月にLINEアプリ内のLINE Pay サービスがスタートしました。

私は、2017年12月にプリペイドカードのLINE Payカードを発行して、それと同時にLINEアプリのLINE Payを登録しました。

現在のLINE Payの仕様(2022年9月)

LINE Payの利用方法

  • 実店舗でのコード支払い
  • 請求書のバーコードを読み取って支払う請求書支払い
  • 一部のオンラインショップで利用できるオンライン支払い

支払い方法と還元率

  • 残高支払い………0%還元
  • チャージ&ペイ…0.5%還元

LINE Payの支払いはほとんど使っていません

私自身はこれまでLINEアプリ内のLINE Payによる支払いはあまり利用していません。

残高支払いとはコンビニや登録した銀行口座からチャージした残高から支払う方法です。0%還元では利用する気になれません。

チャージ&ペイとは、「Visa LINE Pay クレジットカード」をLINE Payに登録して、事前チャージ不要で利用する方法です。私もこのクレカを登録してチャージ&ペイを使えるようにしていますが、還元率に魅力がなく使っていません。

いずれにしても、LINEアプリ内のLINE Payによる支払いは還元率に魅力がありません。

スマホのおサイフサービス LINE Pay(公式)
https://pay.line.me/portal/jp/main

LINE Pay カード

私は2017年12月から、プリペイドカードのLINE Pay カードを使い始めました。

左:私のカード 右:妻のカード

店舗やオンラインサイトでJCBのクレジットカードとほぼ同じように使えます。

銀行口座などからチャージしたLINE Pay残高から支払います。

提供開始当初は還元率が2%で、メインのカードとして利用していました。妻にも持ってもらいました。

2018年5月末に無条件の2%還元が終了し、その後、度重なるポイント制度の変更と改悪に嫌気がさし、2018年7月からメインカードをKyashへ変更しました。

このkyashカードも2022年9月現在ほぼ利用していません。

LINE Pay カード新規発行を終了しました

2020年12月、「LINE Pay カード」の新規発行が停止されました。

発行済の「LINE Pay カード」は有効期限まで使えるということで、私のカードは2022年12月まで使えますが、現在は「Visa LINE Pay プリペイドカード」をメインに使っており、死蔵状態です。

使おうと思えば使えますが、LINE Pay カードは還元率0%になっています。

メインカードをLINE PayカードからKyashへ変更しました
2018年5月末で、LINE Payカードの無条件の2%ポイント付与が終了し、新しく「マイカラープログラム」がスタートしました。その後何度かグレードアップと称した変更がありましたが、私の場合このLINE Payのポイントプログラム...

Visa LINE Pay クレジットカード

2020年、LINE Payの公式クレジットカードとして、三井住友カードより「Visa LINE Pay クレジットカード」が発行されました。

発行当時、還元率3%ということもあって、跳びつきました。

2020年6月、「東京 2020 オリンピックエンブレムデザイン」カードを手に入れ、利用を開始しました。

その後、2021年5月に還元率2%になりました

三井住友カードより「カード差し替え」のお願い届く

2021年6月に、「今後不正利用の可能性あり」として、カード番号を変更したカードに差し替えてほしいとの手紙が来ました。スタンダードデザイン(緑)のカードに変更しました。

Google PayのiDにカードを登録

クレジットカードなのでLINE Payの残高にチャージする必要はありません。

スマホのLINE Payのコード支払いを利用するときも、カードをLINE Payに登録すれば、チャージ&ペイ機能で残高を気にせず利用できます。

私は、Google PayのiDにカードを登録して、日頃の買い物はiDを利用していました。

ネットショピングでも、楽天市場以外は、優先して利用しています。

2022年5月、還元率が1%にダウン

いつかはその日が来ると思っていましたが、今年5月、ついに還元率が1%にダウンしました。

しばらく、次を考えずそのまま利用していました。

Visa LINE Pay プリペイドカード

「Visa LINE Pay プリペイドカード」は、銀行口座などから事前にLINE Pay 残高にチャージした金額分だけ使える、バーチャルプリペイドカードです。

新規発行停止となった「LINE Pay カード」は実物カードがありましたが、こちらは実物カードはありません

2021年8月から提供開始となり、当初、新規発行特典として「LINEポイント一律1%還元、および発行翌月5%ポイント加算」となっていました。

私は、「Visa LINE Pay クレジットカード」の2%還元と使い勝手の良さに満足していたので、手を出しませんでした。

2022年6月末に新規発行特典が終了し、7月から、Google PayのiDとVisaタッチに登録してタッチ決済で利用すると2%還元になる特典が開始されました。

「Visa LINE Pay クレジットカード」の還元率が1%にダウンしていたところだったので、迷わず「Visa LINE Pay プリペイドカード」の利用を開始しました。

バーチャルカードなので、実店舗ではiDかVisaタッチでしか利用できませんが、私が日頃利用しているスーパー・ドラッグストア・コンビニなどではタッチ決済が使えるので、メインカードとして十分役立っています。

ただし、ネットショッピングで利用する場合は0.5%還元になるので、その場合はこれまで通り1%還元の「Visa LINE Pay クレジットカード」を利用しています。