月例報告

月例報告

リスク資産の買い付けを休止しています

2014年に始まったNISAをきっかけに投資信託を利用したインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金の元金として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資してきました。 2019年3月、評価額全体に占める現金(銀行預金)の割合がほぼ10%になったので、この現金を待機資金として据え置き、リスク資産の買付けをい...
月例報告

日経平均・NYダウ・ドル円 月次終値チャート

日経平均・NYダウ・ドル円、2015年からの月次終値チャートです。 「HICHARTS CLOUD」を利用して表示しています。 → 日経平均 NYダウ 日経平均・NYダウ 相関 ドル円
2019.06.04
月例報告

インデックス投資 元本500万円、2019年2月末の成績は…

2014年に始まったNISAをきっかけに投資信託を利用したインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金の元金として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資しています。 2月も1月に引き続きの評価額が回復しています。1月はプラス25万円(4.9%)、2月はプラス22万円(4.2%)となりました。 ...
2019.03.05
スポンサーリンク
月例報告

インデックス投資 元本500万円、2019年1月末の成績は…

2014年に始まったNISAをきっかけに投資信託を利用したインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金の元金として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資しています。 1月の株式市況は世界全体で上昇しました。昨年12月に消えた40万円から25万円弱戻りました。 2019年1月末株式指数・ド...
月例報告

インデックス投資 元本500万円、2018年12月末の成績は…

2014年に始まったNISAをきっかけに投資信託を利用したインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金の元金として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資しています。 12月の株式市況は2018年3回目の大幅な下落となりました。9月末の+69.3万円が蒸発し、+5.4万円になってしまいました。 ...
月例報告

インデックス投資 元本500万円、2018年11月末の成績は…

2014年に始まったNISAをきっかけに投資信託を利用したインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金の元金として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資しています。 10月の株式市況は今年2回目の調整局面でしたが、11月になっていくぶん持ち直しました。 10/31→11/30のデータ ...
月例報告

インデックス投資 元本500万円、2018年10月末の成績は…

2014年に始まったNISAをきっかけに投資信託を利用したインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資しています。 10月の株式市況は9月から一転して調整に入りました。 米中貿易摩擦激化への懸念、サウジアラビア問題、米長期金利上昇への警戒感など...
2018.12.03
月例報告

インデックス投資 元本500万円、2018年9月末の成績は…

2014年に始まったNISAをきっかけに投資信託を利用したインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資しています。 9月の世界の株式市況は、S&P500種およびNYダウ工業株30種が史上最高値を更新しました。 為替市場で円安・米ドル高が進行した...
2018.11.07
月例報告

インデックス投資 元本500万円、2018年8月末の成績は…

2014年に始まったNISAをきっかけに投資信託を利用したインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資しています。 8月、米国株式市場はS&P・ナスダックが最高値を更新しましたが、わが投資分については結果として大きな損益変化はありませんでした。 2...
2018.11.07
月例報告

インデックス投資 元本500万円、2018年7月末の成績は…

2014年に始まったNISAをきっかけに投資信託を利用したインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資しています。 7月は米国株式市場の上昇と円安を受け国内株式も上昇しました。その結果、評価額も昨年度末の成績まで戻しました。 2018年7月末投資分...
2018.11.07