資産運用

2014年NISAのスタートをきっかけに、インデックス投資を始めました。投資信託を購入し、外国株式・国内株式に分散投資しています。毎月の投資成績、父の投資などを記事にしています。
[print_navmenu menu=’investment-menu’]

月例報告

【2021年】投資資産報告、インデックス投資で元本500万円がどうなった?

2021年の投資資産の月例報告を1記事にまとめました 2014年に始まったNISAをきっかけにインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金の元金として切り離し、その中から月3~5万円をインデック...
月例報告

【2020年】投資資産報告、インデックス投資で元本500万円がどうなった?

2020年一年分の月例報告まとめました 2014年に始まったNISAをきっかけに投資信託を利用したインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金の元金として切り離し、その中から月3~5万円をインデ...
月例報告

【2022年8月更新】投資資産報告、インデックス投資で元本500万円がどうなった?

2014年に始まったNISAをきっかけにインデックス投資をはじめました。 総金融資産のうち500万円を投資用資金の元本として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資してきました。 2019年3月、評価額...
資産運用メモ

【更新・再掲】三井住友銀行から無料で資金移動、ネット証券とネット銀行を利用しています

三井住友銀行には他行振込手数料を無料にする優遇措置がありません。 私は、SBI証券+住信SBIネット銀行、楽天証券+楽天銀行を利用して、手数料無料で三井住友銀行から任意の銀行に資金移動しています。 三井住友銀行の金利、振込手数...
資産運用メモ

【更新・再掲】リブレオフィスでモーニングスターから投信データを取り込んでいます

私はLibreOffice Calcで購入している投資信託の評価額を集計しています。 2017年10月のOffice2007のサポート終了を受け、Excelから無料のLibreOfficeに切り替えました。 集計に欠かせないの...
資産運用メモ

【2022年9月】住信SBIネット銀行 VS 楽天銀行

私は、普段遣いのメインバンクとして「楽天銀行」、投資窓口の銀行として「住信SBIネット銀行」を利用しています。 現役時代は、給料振込、住宅ローン返済、カード引落、各種公共料金引落などの利用口座として「三井住友銀行」を利用していました...
資産運用メモ

SBIVCトレードでキャンペーンのXRPを受取りました

SBI証券では三井住友カード発行のクレジットカードで月5万円まで投資信託の積立投資ができます。 2022年1月20日~4月30日の期間限定キャンペーンで、積立設定した金額と買い物利用した金額の3%分の「暗号資産XRP(リップル)」交...
資産運用メモ

SBI証券の投信積立のクレカを変更しました

三井住友カードのXRP交換券プレゼントキャンペーンが4月末で終了しました。 それまでSBI証券に登録していた「Visa LINE Payクレジットカード」を「三井住友カード VISA SMBC」に変更しました。 Visa L...
資産運用メモ

三井住友カードのXRP交換券をSBIVCトレードに登録しました

SBI証券では三井住友カード発行のクレジットカードで月5万円まで投資信託の積立投資ができます。 2022年1月20日~4月30日の期間限定キャンペーンで、積立設定した金額と買い物利用した金額の3%分の「暗号資産XRP(リップル)」交...
資産運用メモ

VTを4回に分けてすべて売却、国内投信に乗り換え中です

2015年から2020年にかけて、VT(Vanguard Total World Stock Index Fund ETF Shares)をNISA口座で買い付けてきました。 2020年5月時点で356口まで買い進めましたが、202...