【実体験】大阪府コロナワクチン大規模接種の予約成功の顛末

大阪大規模接種 健康

私自身は、6月中に、地元の市の65歳以上を対象とした集団接種で、2回のファイザーワクチンの接種を受けました。

今回、64歳以下の3人の「大阪府コロナワクチン接種センター」ウェブ予約を頼まれ、代行することになりました。

いくつかの紆余曲折を経て、その予約に成功しました。その顛末を記録します。

スポンサーリンク

大阪府大規模接種のスケジュール

大阪府の大規模接種は大阪府民を対象に「マイドームおおさか」で実施されています。

当初は65歳以上が対象でしたが、予約が埋まらないので18歳以上に対象が拡大されました。

毎週火曜日12:00に、次週の火曜日から月曜日の7日間の予約枠が公開されます。

  • 7/6(火)12:00
    7/13~7/19の予約枠公開
  • 7/13(火)12:00
    7/20~7/26の予約枠公開
  • 7/20(火)12:00
    7/27~8/2の予約枠公開
  • 7/27(火)12:00
    8/3~8/9の予約枠公開

大阪府コロナワクチン接種センター
https://osaka-mvc.com/

まずは接種券を手に入れる必要があります

大規模接種の予約をするためには「接種券」が必要です。

接種券は市町村が郵送配布することになっていますが、今回予約した3人は64歳以下で、大阪府大規模接種が64歳以下にも拡大された時点で、接種券が配布されていませんでした。

大阪府内の市町村では、自衛隊大規模接種と大阪府大規模接種に対応するため、64歳以下の希望者にも繰り上げて接種券を郵送する対応をとっています。

6月29日火曜日の時点で接種券が手に入った、A、B二人の予約を試みました。

6月29日の予約で大失敗

6月29日12:00の予約は、7月6日~7月12日の予約枠が公開されます。

Aはとくに日時の希望はなく、Bは仕事の関係で6日の午後という希望を聞いていました。

Aの方が年齢が高いので優先して予約するつもりでした。

同じパソコンの同じブラウザでA、Bの予約サイトにログインして、二人の予約カレンダー画面を並べて12:00を待ちました。

予約カレンダー画面(7/15時点)
6/29時点では7/5までに×が入っていました。

大失敗!予約取り違え…

12:00ちょうど、7/6~7/12の欄がずらりと「」になりました。

Aの予約カレンダーの7/6の○をクリック、午前中の時刻を選びクリック、確認をクリック、予約が確定しました。「6日10:00」で予約できました。

次はBの番です。Bの予約カレンダーの7/6の○をクリック。

あれ!「2回目予約は当日会場で」という表示が…。

1回目を予約してないのに2回目の予約?

もう一度カレンダー画面に戻って6日をクリック。

また、「2回目予約は当日会場で」の表示。

何回か繰り返してようやく気づきました。さっき予約したのはBの分だったのです。

Aのカレンダーで予約したのにBの予約になっていました。

それに気づきAのサイトにログインし直して予約しようとしましたが、時すでに遅し、7/6~7/12の欄がすべて「×」に変わっていました。

結局、Aの予約は取れず、Bの予約は「6日10:00」が取れましたが仕事の関係で行けない可能性大という結果になってしまいました。

原因は…

考えられる原因は?

同じパソコン、同じブラウザで、まずAのサイトにログインしその後Bのサイトにログインしました。その時点で、AのカレンダーがBの予約カレンダーになっていたのか…。

あるいは、そもそもAのサイトにログインするつもりでBの市区町村コード、接種券番号、生年月日を入力してしまったのか…。

キャンセル空きを拾う操作をくりかえすも…

Aの予約に失敗した6月29日から、Aの予約カレンダーでキャンセル空きを拾う操作を繰り返しました。

カレンダー画面を表示して更新を繰り返すと、ときに「×」が「△」に変わります。

その△を素早くクリックしますが、ほとんどの場合は「選択された日付の予約はすでに埋まっております」と表示されます。

ごくまれに空き時刻が表示されますがそれをクリックしてもやはり「選択された日付の予約はすでに埋まっております」という表示が出ます。

ごくごくまれに最後の確認画面まで行き着きますが最後の最後で「埋まっております」と表示されます。

これを、時間を見つけて、スマホ、パソコンで、7月4日まで繰り返しました。

パソコン画面をスマホで撮影
「埋まっております」の表示

Bのキャンセル空きを拾えないかチャレンジ

やはりBは「6日10:00」は都合がつかないとのこと。

Bの予約をAの予約に振り替えることができないか、ダメモトで電話で問い合わせましたがやはりだめでした。

Bの予約はキャンセルするしかありません。

Bのキャンセル空きをAの予約に拾えないかチャレンジすることにしました。

5日の早朝、満を持して、「Bの予約キャンセル、即Aの予約」を実行しました。

パソコンでBのマイページを表示してキャンセルの準備をし、スマホでAの予約カレンダーを表示させました。

Bのキャンセル手続きをして、すぐにAのカレンダーを更新すると、6日の欄の「✕」が「△」に変わりました。

祈りながら△をクリックしましたが「埋まっております」との表示。

カレンダーに戻るとまだ△が表示されています。

祈りながら△をクリックしましたが「埋まっております」との表示。

これを数回繰り返しましたが、そのうち△も表示されなくなりました。

結局、失敗に終わりました。

7月6日、二人分の予約に成功

7月6日12:00から、7月13日から7月19日までの予約枠が開放せれます。

この予約枠に再チャレンジすることにしました。

パソコンとスマホの両方で、まずAの分の予約にチャレンジし、その後Bの分にチャレンジするという作戦にしました。

11時頃からスマホでAのカレンダー画面にログインしキャンセル空きを拾う操作をしながら開始時間を待ちました。

11時30分頃パソコンでもログインしようとしましたが、「お待ち下さい」の画面が出てサイトに入ることができません。

開始時間の12:00から予約するためには、早めに「カレンダー画面」に入っておく必要があります。

アクセスが集中すると、「市区町村コード、接種券番号、生年月日を入力する画面」に入れず、予約カレンダー画面を表示できません。

結局、スマホだけでチャレンジすることになりました。

12:00ちょうど、カレンダー画面の7月13日から7月19日までの欄に「◯」が表示され予約可能になりました。

Aの予約が「13日10:00」で比較的簡単に取れました。

そこで、スマホで「市区町村コード、接種券番号、生年月日を入力する画面」にもどり、Bのサイトにログインしてカレンダー画面を表示させると、まだ7月13日から7月19日までの欄に「◯」が表示されており、「13日16:00」でBの予約も取ることができました。

市の集団接種でAの予約がとれた

Aのいる市の集団接種はそれまでは65歳以上が対象でしたが、7月9日(金)から64歳以下の人も予約できることになりました。

Aは大阪府大規模接種の「13日10:00」に予約ができていますが、より良い条件で予約ができないかということで、市の集団接種の予約も試してみることにしました。

7月9日、時間前に余裕を見てログインし開始時間を待ちました。

定刻通りに予約枠が開放され、なんと翌日の「10日9:30」に運良く予約できました。

大阪府大規模接種より早く接種でき、Aの地元で会場に行きやすいということもあり、市の集団接種の「10日9:30」を選択することになりました。

大阪府の方「13日10:00」はキャンセルすることになりました。

もうひとりの予約もチャレンジ

もうひとりCも大阪府大規模接種予約を希望していましたが、7月6日の予約枠開放に接種券が間に合わなかったので、一週間後の7月13日12:00の予約枠開放にチャレンジすることにしていました。

ところがAの大阪府大規模接種予約分「13日10:00」をキャンセルすることになったので、もう一度「Aのキャンセル空きをCのカレンダーで拾う」を試してみることにしました。

パソコンでAのマイページにログインして「13日10:00」をキャンセルし、スマホでCのカレンダーにログインしておいて、Aのキャンセル空きの△を拾う作戦です。

11日深夜日付が変わった頃、実行、なんと今回は見事成功しました。

同じ操作で前回失敗しているので、「キャンセル空きを拾う」というのはそもそも仕様上不可能なのではと思いかけていました。

思わず歓声を上げました。

結果、3人分の予約に成功

結果として、A、B、C3人分の予約に成功し、接種も完了しました。

  • A:地元の市集団接種 10日9:30
  • B:大阪府大規模接種 13日16:00
  • C:大阪府大規模接種 13日10:00

Aは7月中に、B、Cは8月中に、2回目の接種が終わる予定です。

大阪府大規模接種予約のポイント

  • 接種券が必要です
    大阪府の大規模接種が18歳以上にも開放された時、接種券がなく予約できませんでした。その後、希望者に繰り上げて接種券を配布する市の対応により接種券を受け取ることができました。
  • あらかじめマイページ設定をしておく
    最初に、市区町村コード、接種券番号、生年月日を入力すると、氏名・住所・メールアドレスなどを入力することになります。まず、あらかじめこれらを入力してマイページを設定しておく必要があります。
  • 予約当日(毎週火曜日12:00)は早めにログインしておく
    私の場合、11:30では、アクセス集中で、市区町村コード、接種券番号、生年月日を入力する画面が表示されずログインできませんでした。
  • 2回目は4週間後の同時刻に設定されるが電話にて変更可能
    2回目の予約は「当日会場で」とありますが、実際には「4週間後の同時刻」に設定されます。ただし、2回目の予約は電話にて変更可能です。
  • キャンセル空きを拾うのはまず無理?
    私は相当の回数キャンセル空きを拾う操作を試みましたが、「キャンセル即」の1回を除き、失敗しました。キャンセルが出るとすぐに△が表示される仕様になっていますが、キャンセル空きを拾うことはとてもむずかしいと思われます。なにか裏技があれば別ですが…。