[2022年2月末]投資資産報告、インデックス投資で元本500万円がどうなった?

北アルプス 雲の平

2014年に始まったNISAをきっかけにインデックス投資をはじめました。

総金融資産のうち500万円を投資用資金の元本として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資してきました。

2019年3月、評価額全体に占める円預金の割合がほぼ10%になったので、この預金を待機資金として据え置き、リスク資産の買付けをいったん休止することにしました。

その後は、リバランス売買、バンガードワールドストックインデックス(VT)から国内投信への買い替えなどを行っています。

スポンサーリンク

VTから国内投信へ買い替え

2020年11月から段階的にVTを国内投信に買い替え、2022年1月にすべて売却し終わりました。

あわせて、評価額が24万円ほどあった国内ETF「MAXISトピックス上場投信」も売却しました。

日興フロッギーとPayPay証券で少額投資している個別株をのぞき、投資対象が国内投資信託だけになりました。

売却した資金は、利益確定分として一旦キープし、国内投資信託に積立投資しています。

2022年2月末、評価額全体に占める預金(円預金・米ドル預金)の割合がほぼ40%になっています。

VTを4回に分けてすべて売却、国内投信に乗り換え中です
2015年から2020年にかけて、VT(Vanguard Total World Stock Index Fund ETF Shares)をNISA口座で買い付けてきました。2020年5月時点で356口まで買い進めましたが、2021年11月

投資資産 2022年2月末現在

2021年は、コロナ感染にもかかわらず、米国株式を中心に大きく上昇し、当資産も年末に+277万円(+55.2%)となり投資開始以来の最高値となりました。昨年1年で+137万円になっています。

年が明け2022年になって、米国の利上げ懸念により、国内外の株式市況は軟調です。さらに、2月末のロシアによるウクライナ侵攻により、株式市況は乱高下しています。

当資産は、VT等の解約により現金比率を高めていたので、株価下落の影響を多少緩和できています。

投資評価額推移 元本500万円

日付円預金
+国債
リスク資産
含む
米ドル預金
投資資金
評価額
2022/02107万643万750万
2022/01/101万653万754万
2021年末102万675万777万
2020年末55万584万639万
2019年末55万540万594万
2018年末70万436万505万
2017年末133万421万554万
2016年末189万307万496万
2015年末231万251万482万

株式投資信託・ETF

  • バンガードワールドストックインデックス(VT)全解約
  • MAXISトピックス上場投信 全解約
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックスファンド

債券投資信託

  • ニッセイ国内債券インデックスファンド
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド

資産配分

評価額推移

NYダウ、日経平均、ドル円