2022年8月着手 モッピー+DMM Bitcoinレバレッジ取引 2,500pt+5,000円

DMMBitcoin入会
スポンサーリンク

レバレッジ取引のキャンペーンで、なっ、なっ、なんと、1等3,000円のキャシュバックが当選しました。やってみるものです。(このレバレッジ取引キャンペーンは9月1日で終了しました。)

ポイントサイト「モッピー」を経由して、暗号資産取引サイト「DMM Bitcoin」の口座を開設して、取引しました。

モッピーポイント獲得条件は…

2022年8月時点

モッピーのポイント獲得条件はとても簡単です。

モッピー経由で新規口座開設・1取引をするだけで、2,500ポイントが獲得できます。取引の金額的な条件はありません。

しかも、DMM Bitcoinの方で、新規に口座開設した人全員に2,000円が即時にプレゼントされるので、自分で資金を入金する必要がありません。

ということで、モッピーの表示に「最大4,500円相当」という表示があります。

口座開設完了後、2,000円が”即”入金されました

モッピーの「POINT GET!」のバーをクリックして、DMM Bitcoinの口座開設サイトに入り,指示に従って口座開設を進めます。

本人確認は『スマホでスピード本人確認』と『本人確認書類アップロード』の2通りの方法がありますが、『スマホで…』の場合、7:00~22:00の間の口座開設申込なら、最短1時間以内に取引開始できるとのことです。

マイナンバーも画像をアップロードして登録することになります。

 ▼DMM Bitcoinのサイト

私の場合は…

私は『スマホでスピード本人確認』を利用、スマホに向かって右を向いたり左を向いたりして、手続き終了となりました。

 ▼メール着信履歴

  • 8/19 23:52 口座開設申込完了のお知らせ
  • 8/20 08:45 口座開設手続完了のお知らせ
    ※申込が22:00を過ぎたので手続完了が翌日になりました
  • 8/20 13:27 ログインのお知らせ
    ※初回ログインしました
  • 8/20 13:28 キャッシュバックのお知らせ
    ※キャンペーン2,000円入金のお知らせです
  • 8/20 13:28 口座振替完了のお知らせ
    ※2,000円をトレード口座へ振替えるお知らせです

DMM Bitcoinには、2種類の口座があります。

  • ウォレット口座
    日本円・暗号資産の入出金に利用
  • トレード口座
    現物取引・レバレッジ取引に利用

口座開設キャンペーンの2,000円は、ウォレット口座から即時トレード口座に振替えられます。

この2,000円については、入金後30日間、ウォレット口座への振替・出金を制限されます。

現物取引について

現物取引では、2022年8月時点で、13種類の暗号資産の取引ができます。

スマホのアプリを利用した取引とパソコンのブラウザを利用した取引がありますが、ここではパソコンのブラウザを利用した取引で説明していきます。

まずは現物取引の画面を開きます

取引画面に移ったとき、レバレッジ取引画面が表示され、現物取引画面が表示されていない場合があります。その時は、メニューで『現物注文(購入・売却)』を選びます。

DMMBitcoin取引画面

「購入、即、売却」の取引をします

ポイントねらいの取引なので、最小単位の取引で、「購入、即、売却」の取引をします。

代表的な暗号資産である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)の3種類について、8月23日の取引画面で説明します。

ビットコイン(BTC)

現物取引ビットコイン画面
  • 最小取引単位 0.0001(BTC)
  • 買値 2,945,469×0.0001=295円
  • 売値 2,898,731×0.0001=289円
  • 損失 295-289=6円(予想)

▼手順

  1. この画面で「Ask/買」を押す
  2. BTC:0.0001、JPY:295円マイナス
  3. 即、「Bid/売」を押す
  4. 値動きなしとすると、
    BTC:0、JPY:289円プラス

値動きなしとすると、結果的に6円の損失になります。

予想損失は、SP(スプリット)より、46,738×0.0001=5円と計算することもできます。

実際は、絶えず値動きしているので、数円変わってしまう場合があります。

イーサリアム(ETH)

現物取引イーサリアム画面
  • 最小取引単位 0.001(ETH)
  • 買値 224,759×0.001=225円
  • 売値 220,308×0.001=220円
  • 損失 225-220=5円(予想)

リップル(XRP)

現物取引リップル画面
  • 最小取引単位 1(XRP)
  • 買値 47.298×1=48円
  • 売値 45.671×1=45円
  • 損失 48-45=3円(予想)

私はリップル(XRP)で取引しました

私の実際の取引レート・取引金額です。

  • 最小取引単位 1(XRP)
  • 買値 47.260×1=48円
  • 売値 45.663×1=45円
  • 損失 48-45=3円

モッピーポイントの獲得条件は「1取引」でいいので、取引金額・予想損失のいずれも小さいリップル(XRP)で取引するのがいいのではと思います。

キャンペーンで入金された2,000円は1,997円になりました。これが出金できるのは1ヶ月後になります。

その後トレード口座に10,000円入金して11,997円になった場合、2,000円が拘束されて9,997円しか出金できません。

レバレッジ取引のキャンペーンは

レバレッジ取引キャンペーン

キャンペーン概要:
過去にレバレッジ取引の経験のない人で、期間中にはじめて3万円以上のレバレッジ取引をした人全員に、抽選にて1等~3等のプレゼント金額が必ず当たります。

  • 1等 3,000円 100名
  • 2等 2,000円 50名
  • 3等 500円  その他全員

キャンペーン期間:
  2022年8月1日(月)7:00
   ~ 2022年9月1日(木)6:59

レバレッジ取引とは

暗号資産のレバレッジ取引は、入金した証拠金の2倍の金額の取引ができる差金取引になります。

現物取引はまず「買い」から入る必要がありますが、レバレッジ取引では「売り」から入ることもできます。

「売り」から入って「買い」で決済した場合、暗号資産が値上がりした場合は損失、逆に値下がりした場合は利益になります。

ビットコイン3万円以上の取引とは…

一度に3万円以上の取引する場合は、証拠金として15,000円以上あればよいことになります。

ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引の場合は、最小数量は0.01(BTC)、0.001(BTC)刻みで取引します。

仮に、1(BTC)=2,940,000円とすると、

  • 0.01(BTC)=29,400円
    証拠金=14,700円以上

となりますが、これでは3万円以上の取引になりません。

  • 0.011(BTC)=32,340円
    証拠金=16,170円以上

となり、これでキャンペーン条件の3万円以上取引になります。

必要証拠金の目安が16,000円以上になっていることが必要です。

ビットコインのレバレッジ取引画面

8月23日のある時点の画面です。

取引数量を0.011(BTC)に設定して、必要証拠金目安が16,209円になっています。

BTCレバレッジ
  • 取引数量 0.011(BTC)
  • 必要証拠金目安 16,209円
  • Ask/買 2,951,284円
    0.011(BTC)=32,465円
  • Bid/売 2,942,796円
    0.011(BTC)=32,370円
  • 即決済時の想定損失
    32,465-32,370=95円

想定損失は、スプレッドより、8,488×0.011=94円としても計算できます。

レバレッジ取引のスプレッドは時々刻々比較的大きく変化します。あまりに大きなスプレッドの場合、即決済しても損失が大きくなって見合いません。

ビットコインの場合、スプレッドが5,000円以下になったときを見計らって取引したいところです。

私の場合は…

レバレッジ取引をするために20,000円を入金しました。

  • 取引数量 0.011(BTC)
  • Ask/買 2,621,900円
    0.011(BTC)=32,141円
  • Bid/売 2,918,979円
    0.011(BTC)=32,108円
  • 実際の損失
    32,141-32,108=33円

スプレッドが小さいタイミングで取引できたので、損失をほぼ最小にして取引できました。

まとめ

口座開設の手間はかかりますが、口座開設と1取引で、4500-3=4,497円を獲得できました。

さらにレバレッジ取引で、500-33=467円獲得できているはずです。

レバレッジ取引のキャンペーンで、なっ、なっ、なんと、1等3,000円のキャシュバックが当選しました。やってみるものです。(このレバレッジ取引キャンペーンは9月1日で終了しました。)