中国電力「冬の節電プログラム」に参加、特典のデジタルギフトが届きました

関西にある自宅では関西電力「冬の節電プロジェクト2022」の参加申請しましたが、中国地方にある実家では中国電力「冬の節電プログラム」に参加申請しました。

<11月30日追記>11月1日に申し込み、11月30日に参加特典のデジタルギフトが届きました。

スポンサーリンク

中国電力「冬の節電プログラム」実施要項

<申込期間>
2022年11月1日~12月31日
申込内容に誤りや不備があった場合の再度の申込に備え「12月20日を目途に申し込みを」となっています。

<節電対象月>
2023年1月分・2月分・3月分
1月分とは「12月検針日~1月検針日の前日」の使用量が対象となります。実家の昨年の1月分は「12/10~1/12」となっていました。

<申込方法>
下記サイトの「専用WEBフォーム」から申し込みます。入力したメールアドレスに「申込フォーム」のURLが送付されてきます。

中国電力
冬の節電プログラム

節電プログラムの特典

特典1.参加特典

参加するだけで2,000円相当のデジタルセレクトギフトが2023年1月末までに送付されます。

特典2.達成特典

前年同月と比べ3%以上の節電を達成した場合に、達成月ごとに1,000円相当のデジタルセレクトギフトが節電達成月の翌々月を目途に送付されます。最大3,000円もらえることになります。(ただし、11/6現在、国に申請中とのこと)

特典3.抽選特典

実施期間終了後、前年同月と比べ3%以上の節電を達成した世帯から、抽選で特典が5月を目途に送付されます。

  • デジタルセレクトギフト
    • 30,000円相当(20名様)
    • 5,000円相当(200名様)
    • 1,000円相当(2,000名様)

デジタルセレクトギフト

ギフトを受領するURLが申込時に登録したメールアドレスに送付されます。希望のギフトを一つ選び、ECサイトや店頭で利用します。

<交換先>
Amazon ギフト券・Apple Gift Card・Google Play ギフトコード・吉野家デジタルギフト・デジタルKFCカード・タリーズデジタルギフト・すかいらーくデジタル優待券・西松屋チェーンデジタルギフト・図書カードNEXTネットギフト

Tポイントなどの共通ポイントが選べないのはちょっと残念…。

3%節電達成の試算をしました

使用日数の差を考慮し、各月ごとに1日あたりの平均使用量を計算(小数点以下第3位を四捨五入)、前年同月の平均と比較して、3%以上削減されている場合に節電達成となります。

<節電率の計算>

  • 2022年1月分使用量÷日数
    =1日当たり平均使用量(A)
    (小数点以下第3位を四捨五入)
  • 2023年1月分使用量÷日数
    =1日当たり平均使用量(B)
    (小数点以下第3位を四捨五入)
  • A>Bのとき
    (A-B) ÷ A × 100 = 削減率(%)
    (小数点以下第2位を切捨て)

実家の使用量で試算してみました

2022年1月分の実家の電気使用量は以下のとおりです。

  • 試用期間 12/10~1/12 34日
  • 使用量  171 (kWh)
  • 1日あたり使用量
    171÷34=5.029…=5.03 (kWh)

同じ日数として、3%以上の削減になる節電量を計算してみます。

  • 171×3%=5.13
    5÷171×100=2.92…=2.9(%)
    6÷171×100=3.50…=3.5(%)

1ヵ月に付き5kWh節電では目標達成とはなりません。

関電の節電プログラムと比較して

私の試算では、関西電力の節電プログラムと比較して、中国電力の特典はずいぶん良いと思います。

ただし、特典にTポイントなどの共通ポイントが一つもないのは残念です。

関電「冬の節電プロジェクト」2000ポイント獲得しました
この冬の電力逼迫に備え家庭での節電を促進するため、国は電力会社を通して節電ポイントを付与する「国の節電プログラム促進事業」を実施しています。電力会社を通してこのプログラムに参加申請するだけで、参加ポイントとして2,000円相当の節...

参加特典2,000円分のデジタルギフトが届きました

11月1日に申し込み、11月30日に参加特典2,000円分のデジタルギフトがメールで届きました。

ギフトURLをクリックするとギフト選択画面が開き、Amazon ギフト券を選択し、Amazonに登録しました。