Kyashの障害、利用方法あります(追記)11/27回復しました

(追記)11月27日(火)自動チャージ機能制限が解除されました。
Kyashカードによる実店舗決済、WEBサイト決済、送金機能で、登録カードから自動チャージできるようになりました。

「Kyashカード」は私のメインカードです。2018年6月以来、メインカードを「LINEPAYカード」から「Kyashカード」に変更しました。その「Kyash」の障害が続いています。

スポンサーリンク

クレカ自動チャージが制限されています

Kyashは決済の際、紐づいたクレジットカードからKyashに決済金額を自動チャージし、そのKyash残高で決済を行います。

その自動チャージが停止されていて、Kyashの決済ができない状態が続いています。
Kyash障害リポート

私の妻のKyashカードでも以前障害が起きていました

これは妻の楽天カードの利用明細2018年10月分に一部です。妻はKyashカードに楽天カードを紐づけて使っています。
楽天カード明細Kyash障害
10/11に1,755円の2件の利用履歴があります。

妻は、スーパーコーヨーでKyashを出して1,755円を決済しようとしましたが、決済が通らないので楽天カードで1,755円の決済をしました。

明細にあるように、1,755円の利用履歴が、Kyashとコーヨーの両方に残っています。決済できなかったKyashの金額が利用履歴にあるということになります。

10/12に2,993円の利用履歴があります。実はスマホのKyashの利用履歴には4,748円とありました。妻は別のスーパーで4,748円の決済を行っています。

つまり、決済に利用しなかった1,755円がKyash残高に残り、決済に足りなかった2,993円が楽天カードからチャージされて、4,748円の決済が行われたことになります。

実害はなかったわけですが、使われない金額がチャージされたことになります。

利用方法あります

決済時の自動チャージ機能が利用できない状況ですが、送金時のクレジットチャージを利用して、Kyash残高に入金する方法があります。この残高は決済で利用できます。

  1. ウォレット画面「送金」をタップ
  2. 「相手を選ぶ」をタップ
  3. 「送金リンク」を作成をタップ
  4. 「¥0」をタップ、金額を入力
  5. 「確認画面へ」をタップ
  6. 「スライドでリンクを作成」をスライド
    ※この時点ではKyash残高に入金されていません
  7. ウォレット画面に戻り「履歴」をタップ
  8. 「リンク送金受取待ち」をタップ
  9. 「キャンセルする」をタップ
  10. ウォレット画面に戻り入金を確認

入金前にKyash残高があった場合、クレジットカードからは、入力(送金)金額に不足している金額だけがチャージされ、Kyash残高は入力(送金)金額になります。

例えば、Kyash残高500円で入力(送金)金額3000円の場合、チャージ金額2500円でKyash残高3000円になります。

以上で、Kyash残高に入金が完了し、ネット決済、カード決済に利用できます。

もう少し様子を見たいと思います

キャッシュバック2%が魅力でKyashカードを利用しています。妻の分も発行してメインカードとして利用してきました。

Kyashカードは妻には不評でした。券面がかわいくない、以前使っていたLINEPAYカードのほうがかわいくてよかった、店員さんのなじみがないので疑り深く見る、等々。

ここにきて妻が2回決済できませんでした。私も使うとき決済できるのか少しドキドキしていました。そして今回の障害です。

今後どうするか悩ましいところです。

(追記)11/27自動チャージ制限解除の通知がありました

11/22リリース
「自動チャージ機能制限の解除予定日のご連絡」がありました。
11月27日(火)11時頃解除予定とのこと。

その後問題なく使えています

Kyashリアルカードの自動チャージも正常に機能して、ネット決済いや店頭決済で問題なく利用できています。

今後もメインカードとして利用していきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする