2024年新NISA固まる…現行NISA投資分はどうなる、どうする

北アルプス剣岳頂上
北アルプス剣岳頂上
スポンサーリンク

2014年にNISAが始まり私もNISAを使って投資を始めました。

2018年につみたてNISAが始まりましたが、それまでのNISA(一般NISA)とつみたてNISAのどちらかを選ぶ必要があったので、私は一般NISAで投資を続けてきました。

一般NISAは2024年に5年期限の「2階建て新NISA」に切り替わることが決まっていましたが、2022年12月のこの時点で、一転、一般NISAとつみたてNISAが一体となって「恒久化新NISA」に生まれ変わることが決定しました。

新NISAの概要

新NISAは投資枠を大幅に増額し、恒久化・無期限化になります。

  • 2024年1月開始
  • 年間投資枠上限 360万円(買付額ベース)
    例えば、10万円で買い付けた銘柄を同じ年に売却すると10万円分の年間投資枠は復活しない
    • 内、つみたて投資枠…120万円
      現行つみたてNISAの対象となっているインデックス投資信託などへ積立投資する枠
    • 内、成長投資枠………240万円
      現行一般NISAと同じく個別株式などへも投資できる枠、つみたて投資枠の延長で投資信託の積立投資も可能
  • 生涯投資枠上限 1,800万円(簿価ベース)
    例えば、100万円で買い付けた銘柄を売却すると次の年に100万円分の生涯投資枠が復活する
    • 内、成長投資枠 1,200万円
  • 恒久化・無期限
  • 新旧NISA枠分離
    旧NISAは一般NISA・つみたてNISAともこれまでのルールでそのまま維持され、期限終了時に新NISAにロールオーバーはできない。新NISAは0からスタートすることになる。

新NISAについての金融庁から正式なリリースは、12月18日時点でまだありません。新制度の詳細は金融庁の発表を待って確認してください。
→金融庁「NISA特設ウェブサイト」

旧NISAの投資分をどうするか

「恒久化新NISA」の制度が決定する前は、2024年から「2階建て新NISA」がスタートする予定でした。

「2階建て新NISA」とは、1階が一定の投資信託だけに年間20万円まで投資できる部分、2階が個別株式などにも年間102万円まで投資できる部分、という2階建てになっていて、現行一般NISAと同じく非課税期間5年間の制度です。

私はこれまで一般NISA枠で投資した分を5年後のNISA枠にロールオーバーしてきました。2018年投資分についても2023年のNISA枠にロールオーバーする手続きをしました。

2019年以降の投資分についても、2024年開始の「2階建て新NISA」にロールオーバーできるということだったのでそのつもりでした。

今回の「恒久化新NISA」スタートにより、現行一般NISAで投資した銘柄はロールオーバーができなくなります。

課税口座分をNISA口座で買い替え

2019年一般NISA買付分は「恒久化新NISA」にロールオーバーできないので、2023年末に売却するか、2024年の頭に課税口座に移管させることになります。

私は、課税口座に移管させて、2024年の早い時期に、移管させた銘柄を売却すると同時に、同じ銘柄を「恒久化新NISA」で買い替えることになると思います。

新NISAの買付枠は私には十分大きいので、買い替えで使ってもまだ新規投資も可能です。

ただし、NISAでは口数買付はできないので、大体の金額を想定しての買い替えになります。同日に売却・買付をする場合はまとまった買付資金を用意する必要があります。

2020年~2023年の旧NISA買付分については、5年の期限が来る前に新NISA枠に買い替えることになると思います。

同じ投信を同額で売却と買付する

過去、ロールオーバー後のNISA枠を広げるため、同じ投資信託を同額で売却と買付をしました。

NISAのロールオーバー対策、同じ投信を同額で売却と買付をしました
私は、2014年に始まったNISAをきっかけにインデックス投資をはじめました。総金融資産のうち500万円を投資用資金の元本として切り離し、その中から月3~5万円をインデックスファンドに積立投資してきました。今回、ロールオー...

参考記事

▼新NISAについてのNHKニュースの記事です

NISA拡充 税制改正 令和5年度(2023年度)|NHK
【NHK】個人投資家を対象に、株式や投資信託の売却益などを一定の範囲内で非課税とする「NISA」。制度を恒久的なものとして、非課税で保有できる期間も無期限としたほか、非課税で保有できる資産の限度額も引き上げられました。その内容について詳しく解説します。

▼山崎元さんが新NISAの利用方法についてまとめています

どこよりも早い「新NISA」の賢い使い方を教えよう
岸田文雄首相が掲げた「新しい資本主義」は、そもそも本人の理解と問題設定が悪く、案の定、検討ばかりを重ねて議論がサッパリ前に進んでいない。だが、岸田首相が新しい資本主義に関連して、ふと発したと思われる…

▼金融庁で行われたブロガー座談会についての記事です

【追記あり】NISA拡充・恒久化の内容が確定、金融庁でのブロガー座談会速報
本日、2023年度与党税制改正大綱が公表され、NISA拡充・恒久化の内容が確定しました。さっそく金融庁でブロガー座談会が行われ、メモしまくったので速報をアップします。まず、金融庁から新しいNISA制度のイメージが説明されました。(スマートフォン等の場合は拡大して見てください)<追加説明>・非課税限度額は取得価格ベース。...