令和元年5月1日、WordPressのテーマをCocoonに変更しました

wordpress-img

とくに改元に合わせた訳ではないのですが、前々から検討していたテーマ変更をこのタイミングで実行しました。

本サイトを開設する前に、個人事業のウエブサイトをWordPress+Simplicityで開設していましたが、2018年1月に本サイトを開設するときもテーマとして使い慣れたSimplicityを利用しました。

Simplicityは使えば使うほど機能が充実しているテーマでした。たぶんその機能を十分には使いきれていないと思います。

このSimplicityの同じ作者による進化版として新テーマCocoonが発表され、前々から気になっていましたが、この際Cocoonに変更することにして実行しました。

スポンサーリンク

最強の無料テーマCocoon

Cocoon公式サイト

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

作者「わいひら(yhira)」さんのホームページページ「寝ログ」

https://nelog.jp/

作者「わいひら(yhira)」さんの自己紹介ページ
「事故って首の骨を折っちゃったネタキリ系の人」です。

https://nelog.jp/profile

このような最強テーマを無料で使わせてもらえることに、ただただ感謝です。

SimplicityからCocoon 参考サイト

「Simplicity Cocoon 移行」で検索するとたくさんのサイトが表示され、移行の方法が詳しく説明されています。

とくに参考にさせてもらったのは以下のサイトです。

https://koko-log.com/cocoon-setup/
https://ikumen-sim.net/simplicity-cocoon-migration

ここがとくに便利…カテゴリーページ

本サイトはホームでカテゴリーの紹介カードを表示して各カテゴリーページに遷移するように設定しています。

カテゴリーページは日付順に投稿ページのエントリーカードが一覧表示されますが、Simplicityではプラグインを導入して、各カテゴリーページにカテゴリーの紹介テキストやサブカテゴリーのリンクを書き加えていました。

Cocoonではプラグインなしでこのページにテキスト・画像・リンクなどを加えることができます。

いままで、一部のカテゴリーをサブドメインで独立させようかと考えていましたが、これで各カテゴリーのいわばホームを作ることができました。

個別の詳細なカテゴリページを作る方法(カテゴリページのコンテンツ化)
カテゴリページに集客した訪問者をある程度留めておけるように、カテゴリページをコンテンツ化する方法です。