三井住友銀行から無料で資金移動、ネット証券とネット銀行を利用しています

南アルプス 農鳥岳より塩見岳を望む 資産運用メモ

三井住友銀行には他行あて振込手数料を無料にする方法がありません。

私は、SBI証券+住信SBIネット銀行、楽天証券+楽天銀行を利用して、手数料無料で三井住友銀行から任意の銀行に資金移動しています。

スポンサーリンク

三井住友銀行のポイントプログラムが改定されました

三井住友銀行には、「SMBCポイントパック」というポイントプログラムがあります。

2018年3月までにたまったポイントは他行あての振込手数料に使うことができますが、プログラムが改定され、2018年4月以降にたまるポイントはすべて、三井住友カードの「ワールドポイント」に交換して利用するようになります。

この改定により、三井住友銀行の場合、他行あての振込手数料を無料にする方法がなくなりました。

SMBCポイントパックのサービス内容改定のお知らせ

SMBCポイントパック貯め方・使い方

三井住友銀行の金利、振込手数料

2019/2/2現在
普通預金の金利:0.001%
他行あて振込手数料(一部の銀行を除く)
3万円未満:216円 3万円以上:432円

216円=2160万円1年分の利息=100万円21.6年分の利息
432円=4320万円1年分の利息=100万円43.2年分の利息
振込手数料を払うのはなんとも避けたいところです。

私の場合、三井住友銀行からの資金移動には、緊急の場合を除いて、楽天証券+楽天銀行SBI証券+住信SBIネット銀行を利用しています。

楽天証券+楽天銀行を利用して資金移動しています

次の手順で無料で資金移動しています。
三井住友銀行
↓…楽天証券リアルタイム入金
楽天証券
↓…証券銀行マネーブリッジ
楽天銀行
↓…楽天銀行ハッピープログラム無料振込
他の銀行口座

楽天証券リアルタイム入金

楽天証券の入金方法にはリアルタイム入金という方法があります。提携金融機関(例えば三井住友銀行)のネットバンキングの仕組みを使って、即時、無料で証券口座に入金できます。

リアルタイム入金提携銀行(2019/2)
楽天銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、イオン銀行
楽天証券リアルタイム入金

楽天銀行・楽天証券マネーブリッジ

さらに、楽天銀行と楽天証券の資金を自動的に繋ぐマネーブリッジという仕組みがあります。楽天銀行でマネーブリッジを申し込み、楽天証券で自動入出金サービスを設定します。
楽天銀行マネーブリッジ

これにより、楽天証券での買い注文時に、楽天銀行の預金残高から不足資金を自動入金します。また、楽天証券口座にある資金を、毎営業日夜間に楽天銀行へ自動出金します。

マネーブリッジを設定すると、楽天銀行の普通預金の金利が、通常の5倍の0.1%(税引前)になります。三井住友の100倍!

楽天銀行ハッピープログラム

楽天銀行には他行あて振込手数料が無料になるハッピープログラムという制度があります。

他行振込手数料が、「月末残高100万円以上」で月3回無料、「月末残高50万円以上」で月2回無料という特典があります。
楽天銀行ハッピープログラム

私の場合は、楽天銀行を年金の受取口座に指定して、「給与・賞与・公的年金を受け取るだけで、他行振込手数料が翌月3回無料」という特典を利用しています。

年金は隔月に支給されるのでその翌月に無料回数を受け取ることになりますが、使わなかった無料回数は2回まで翌月に繰り越して、最大5回まで保有できます。

SBI証券+住信SBIネット銀行を利用して資金移動しています

次の手順で三井住友銀行の資金を無料で他の銀行に移動しています。
三井住友銀行
↓…SBI証券即時入金サービス
SBI証券
↓…自動出金
住信SBIネット銀行
(SBIハイブリット預金口座)
↓…振替
住信SBIネット銀行
(普通預金口座)
↓…スマートプログラム無料振込
他の銀行

※住信SBIネット銀行SBIハイブリット預金から直接他行振込はできないので、普通預金に振り替えてから、他行振込します。

SBI証券即時入金サービス

SBI証券には即時入金サービスという仕組みがあります。提携金融機関のネットバンキングの仕組みを使って無料で証券口座に入金できます。

即時入金サービス提携銀行(2019/2)
住信SBIネット銀行、三菱UFJ銀行、 三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、スルガ銀行、イオン銀行

SBI証券即時入金サービス

SBI証券自動出金

住信SBIネット銀行には普通預金とは別にSBI証券と連携したSBIハイブリッド預金というものがあります。

SBIハイブリッド預金口座の残高は、SBI証券口座の買付余力に自動的に反映し、買い注文に利用できます。また、証券口座での拘束金を除く余剰資金が、翌営業日付でSBIハイブリッド預金口座へ自動振替されます。

即時入金サービスでSBI証券に入金された金額が自動的にSBIハイブリッド預金口座に振り替わります。

住信SBIネット銀行スマートプログラム

住信SBIネット銀行には他行あて振込手数料が無料になるスマートプログラムという制度があります。

私の場合は、「総預金残高月末30万円以上」という条件をクリアして、他行あて振込手数料を月3回無料にしています。
住信SBIネット銀行スマートプログラム

金利優遇もあります。円普通預金:0.001 %、SBIハイブリッド預金:0.010 %(2019/2/2)
住信SBIネット銀行SBIハイブリッド預金

SBIハイブリッド預金からは直接他行に振り込むことはできないので、いったん普通口座に振り替えてから他行に振り込みます。


まとめ

楽天証券、SBI証券ともに口座開設は無料です。

証券口座内で株式や投資信託を購入しなくても手数料はかかりません。

我が家では、私も妻も、銀行口座と証券口座をセットで開設して便利に利用しています。

振込手数料を支払うのはなんとも避けたいところです。

ぜひ利用を検討してみて下さい。

資産運用メモ
スポンサーリンク
シェアする
ナワキミノをフォローする
投資とネットと年金生活