楽天ウオレットとSBIVCトレードのBTCスプレッドを比較しました

楽天ウオレットSBIVC資産運用メモ

私は楽天ウオレットで楽天ポイントをビットコイン(BTC)に交換して積み立てています。

あくまでも、興味本位の積立で、毎月500ポイントずつの積立です。

2020年9月までに合計7,500ポイント交換しています。

BTCは2020年7月から8月にかけて大きく値上がりしてプラス20%程度になりましたが、9月に入り値下がりして円換算で元本の評価額7,500円前後をうろうろしています。

先日、ポイントサイトのポイント狙いで、SBIVCトレードの口座を開き、ポイント獲得条件の取引を終えました。

少額ですが実際にお金を投入して売買したので、そのスプレッドがどの程度なのか気になり調べました。

楽天ウオレットについてもスプレッドを調べてみると、大きな差があるのに驚きました。

「えんためねっと」から「SBI VCトレード」案件、8,000円獲得へ
新型コロナの影響で旅行もお預け状態になっています。マイル獲得の意欲もそがれ、陸マイラーの活動もおろそかになっています。ポイントサイト「えんためねっと」に「SBI VCトレード」の好案件がでていたので、ひさびさにポイント獲得へ動きました。「え
スポンサーリンク

スマホを2画面表示にして同時刻のスプレッドを比較しました

スマホで楽天ウオレットとSBIVCトレードのビットコインのレートを2画面で表示して、同時刻の売買レートを比較しました。

上半分が楽天ウオレット、下半分がSBIVCトレードです。

BTC2画面

数回分の売買レートを比較

2020年9月6日、午前10時37分から数回分の売買レートを調べ、平均を取りました。

時刻楽天 売楽天 買SBI 売SBI 買
10:371,055,4271,103,4021,075,8941,086,681
10:381,055,4681,103,7511,075,4781,086,261
10:381,055,3621,103,6401,075,7931,086,579
10:391,055,2141,103,2811,075,7361,086,521
10:401,055,4741,103,3491,075,6021,086,385
平均1,055,3891,103,4851,075,7011,086,485

値動きなしとして売買の損失を計算してみました

仮に、10,000円分のBTCを購入し、これを値動きなしとして売却したとします。

  • 楽天ウオレットの場合
    10,000÷1,103,485=0.009062201
    0.009062201×1,055,389=9,564
  • SBIVCトレードの場合
    10,000÷1,086,485=0.009203989
    0.009203989×1,075,701=9,901
  • 比較
    9,901-9,564=337

BTCを10,000円分購入して値動きなしとして円に換金すると、337円の差が生じます。

買レートに対するスプレッドの割合を計算します

次の計算式で各口座のビットコインの買レートに対するスプレッドの割合を計算します。

  • 買レート-売りレート=差
  • 差÷買レート=スプレッドの割合
BTC売レート買レート差÷売%
楽天1,055,3891,103,48548,0960.043594.36%
SBI1,075,7011,086,48510,7840.009930.99%

両口座のBTCの買レートに対するスプレッドの割合の差が3.37%になります。

よって、10,000円分購入して値動きなしとして売却すると337円の差が生じることになります。

楽天ウオレットどうしよっかな~

SBIVCトレードと比較して楽天ウオレットのスプレッドは大き過ぎます。

ポイントで購入できるとしても、楽天市場で使えば等価の現金と変わりはありません。

これなら、SBIVCトレードの方がずっとお得です。

そもそも楽天ウオレットは興味本位で始めているので、今後どうしようかなと思案中です。