<初耳の言葉>容喙(ようかい)

初耳の言葉初耳の言葉

私にとって初めて聞いた、見た、知った言葉を記録しています。

「容喙(ようかい)」

スポンサーリンク

容喙(ようかい)横から口だしすること

インデックス投資関連のブログ「夢見る父さんのコツコツ投資日記」の記事の中で使われていました。

そもそも結婚するしない、子供を産むうまないは個人の考えであり、妻帯者、あるいは親だからと言って他人の考えに容喙する必要はないと思います。でもFIRE希望だったら経済的な考えを第一に考えるでしょうから、経済的にそうなのか検証してみました。

http://yumemirutosan.blog.fc2.com/blog-entry-2448.html

出典
夢見る父さんのコツコツ投資日記
「配偶者と子供はコストじゃないのに」
http://yumemirutosan.blog.fc2.com/blog-entry-2448.html

「容喙(ようかい)」
横から口だしすること

喙(かい)は鳥のくちばしの意味。喙(くちばし)を容れる(いれる)という意味から、話に口をはさむ、口出しするといった意味になった。

ブログ「夢見る父さんのコツコツ投資日記」

私は、RSSリーダー「Inoreader」で数多くの投資関係その他のブログをチェックしています。

投資関係のブログは、3段階に分類しています。

  • 投資ブログLv0
     ほぼすべての記事をチェックしている
  • 投資ブログLv1
     気になる記事をチェックしている
  • 投資ブログLv2
     ほぼタイトルだけ見ている

「夢見る父さんの…」はLv0です。ほぼすべての記事をチェックしています。インデックス投資その他の記事がとても参考になります。

私の「投資ブログLv0」の記事は以下の通りです。

初耳の言葉
シェアする
ナワキミノをフォローする
スポンサーリンク
投資とネットと年金生活