マイナポイントにd払いを登録、2万円をチャージしました。

d払いマイナポイントポイントメモ

マイナポイントに登録するキャッシュレス決済、いろいろ迷った挙げ句d払いにしました。

5,000ポイントに2,500ポイントが上乗せされるだけでなく、銀行からチャージすると最大1,000ポイントもらえるます。

スポンサーリンク

「チャージ時付与」を選びました

dポイントの付与方法は3通りあります。

  • d払い残高チャージ時
  • d払い買い物時
  • dカード買い物時

マイナポイントアプリからの登録

マイナポイントアプリで検索すると、以下の3通りが表示されます。

d払いチャージ時
d払い買い物時
dカード

この中から、d払い(チャージ時)を選択し、dアカウントのIDとパスワードを入力し登録しました。

付与されるのは翌日8時以降

マイナポイントアプリからd払いを申込んだ場合、申込み直後はチャージ・買い物ともマイナポイント付与の対象にはなりません。

9月1日からポイントの付与が始まりますが、付与の対象となる決済は申込んだ日の翌日8時以降になります。

その前にチャージ・買い物してもマイナポイントは付与されません。

翌日登録が完了すると、d払いホーム>ウオレット>マイナポイントで『あなたは「チャージでもらう」でマイナポイントを申込んでいます』が表示されます。この時点から、チャージした金額がマイナポイント付与の対象になります。

(注)この画像は、すでに20,000円チャージ後の画像になります。

d払いチャージでもらう

マイナポイントはチャージ後即座に付与されます

登録完了を確認して、銀行から20,000円をチャージしました。

20,000円チャージ後、5,000ポイントが即座に付与され、d払い決済で使えるようになりました。

d払いウオレット

マイナポイントの付与対象となった20,000円は送金・出金ができません。送出可能残高に含まれていません。

d払いアプリからも申込みができます

私はマイナポイントアプリからd払いを申込みましたが、d払いアプリからマイナポイントへの登録ができます。

d払いアプリ内のマイナポイント申込みのバナーをタップすると、マイナポイントへの登録画面が開きます。

ただし、その場合も事前にマイナポイントアプリでマイナポイントの予約をしておく必要があります。

d払いアプリからマイナポイントに申込んだ場合、マイナポイントアプリから申込んだ場合と異なり、申込み直後から、チャージまたは買い物がマイナポイント付与の対象になります。

こっちのほうが便利だったようです。

プラス2,500ポイントはいつ?

  • 特典①マイナポイントにd払いを選択して1,500pt
    →申込み月の翌々月上旬
  • 特典②2万円分チャージまたは買い物で1,000pt
    →チャージまたは買い物月の翌々月上旬

私の場合、9月1日に申込んで2日にチャージしたので、11月上旬付与されることになります。

銀行チャージでさらに最大1,000ポイント

期間中、対象銀行からd払いに1回10,000円以上チャージすると、最大1,000ポイントプレゼントされます。

期間中チャージした金額のうち「一度にチャージした最も大きい金額」に応じてdポイントがプレセントされます。チャージするたびにポイントが付与されるのではありません。

  • 期間 2020/9/1~10/31
  • 対象銀行 みずほ・三井住友・ゆうちょ・イオン・ソニー・他
  • 最高金額が1万円以上2万円未満→500pt
  • 最高金額が2万円以上3万円未満→800pt
  • 最高金額が3万円以上→1,000pt
  • 2020年12月末以降順次付与

複数回チャージした場合、一度にチャージした最も大きい金額がdポイント付与の対象になります。

私の場合、9/2に20,000円チャージして、今後はそれ以上の金額を一度にチャージするつもりはないので、800pt付与されることになります。

まとめ

  • マイナポイントにd払いを登録するならd払いアプリから
  • マイナポイントアプリから登録した場合はポイント付与の対象となる決済は翌日8時以降
  • チャージ時に付与される方式がわかりやすい
  • 20,000円を銀行からd払い残高にチャージすると
    • マイナポイント 5,000pt
    • プラス付与   2,500pt
    • 銀行チャージ  800pt 

私の場合、合計8,300pt付与されることになりました。

ポイントメモ
シェアする
ナワキミノをフォローする
スポンサーリンク
投資とネットと年金生活