LINEポイントを手数料0円で現金化して仮想通貨や個別株に投資しています

LINE証券口座開設

2021年11月よりLINE証券が金融機関への出金手数料を無料化しました。

これによりLINEポイントを手数料0円で現金化できることになりました。

私はサテライト投資として、各種ポイントを使って、国内株・米国株・暗号通貨を購入しています。

これからはLINEポイントを現金化して利用していこうと思っています。

スポンサーリンク

LINE証券はLINEから簡単に始められます

LINE証券は国内の個別株やETFを1株から購入することができます。

スマホアプリLINEから比較的簡単に口座を開設することができます。

「初株チャンス」というキャンペーンを実施していて、キャンペーンにエントリーして新規口座開設をし、簡単なクイズに正解すると、最大3株分、3,000円までの購入代金がもらえます。

2021年11月18日〜12月6日は最大4,000円に増額されています。

最大4,000円相当の株がタダで買える!《LINE証券 初株チャンス》今なら0円で投資がはじめられちゃう
LINE証券があなたの初めての投資を応援★「初株チャンス」実施中!口座開設すると【最大3株分】最大4,000円相当の購入代金がもらえる!

LINE Payから入金して銀行口座に出金します

LINE証券には3つの入金方法があります。

  • LINE Payからの入金
    LINE PayのMoneyアカウントから入金
  • クイック入金
    提携金融機関のインターネットバンキングから即時入金
  • 銀行振り込みで入金

この内、LINE Payから入金するときに、LINEポイントを利用することができます。

LINEポイントの利用方法

利用するLINEポイント数を入力することになるので、まずポイント数を確認しておきます。

(1)LINE Payから入金を選択

LINE証券入金-1

(2)入金額を入力します
ポイントだけを入金したい場合はポイント数を超えない金額を入力します。

LINE証券入金-2

(3)LINE Pay決済に遷移

LINE証券入金-3

(4)LINEポイント数を入力
LINEポイントはいったんLINE Pay残高に振り替えられてからLINE証券に入金されます。
入金額と同額のポイント数を入力するとLINE Pay残高は使われません。

LINE証券入金-4

以上で、LINEポイントがLINE証券に買付余力として入金されます。

LINE証券 入金ルール

金融機関への出金の手数料が無料に

LINE証券では、以下の2つの出金方法があります。

  • LINE Payへの出金
  • 出金口座への振込

2021年10月まで、「LINE Payへの出金」は手数料無料でしたが、「出金口座への振込」は手数料が220円かかっていました。

2021年11月から「出金口座への振込」も手数料無料になりました。

LINE証券出金手数料無料

LINEポイントを現金化して…

私は還元率2%の「VISA LINEPay クレジットカード」をメインカードとして利用しています。

これまでは溜まったLINEポイントをPayPay残高に振り替えてPayPay支払に利用していました。

LINEポイントが手数料無料で現金化できるようになったので、今後はLINEポイントを現金化して、サテライト投資用の資金として利用することにしました。

私は以下のサイト・アプリでサテライト投資をしています。LINE証券は現金化に利用するだけで投資はしていません^^;。

  • 国内個別株
    日興フロッギー(日興証券キンカブ)
  • 米国株式
    PayPay証券(旧ワンタップバイ)
  • 暗号通貨
    SBI VC Trade

日興フロッギーは金額指定で個別株を購入できるので、運用成績を比較するのにとても便利です。

私のサテライト投資、国内株式は日興フロッギーでdポイント投資
2014年NISAがスタートしてから「投資」をスタートさせました。投資を始めるとき、「株取引=ギャンブル」というイメージを持っている妻から「個別株には投資しない」と約束させられました。NISAの範囲内でインデックス投資信託...

PayPay証券は米国個別株に1,000円から投資できます。手数料が高いですが少額ずつ買付できるので、米国個別株へのハードルが低くなります。

私のサテライト投資、米国個別株式はPayPay証券で
2014年NISAがスタートしてから「投資」をスタートさせました。妻は「株取引=ギャンブル」というイメージを持っていたので、投資を始めるとき「個別株には投資しないこと」を約束させられました。NISAの範囲内でインデックス投...

暗号通貨は、はじめ「楽天ウォレット」で楽天ポイントを利用して購入していましたが、スプレッドが大きいので、「SBI VC Trade」に乗り換えました。

私のサテライト投資、暗号資産はSBIVCトレードで…
2020年1月に興味本位で「楽天ウォレット」を使って暗号資産の購入を始めました。楽天ポイントで購入できるのでハードルが低く気軽に始めることができました。しばらく続けましたが、他の暗号通貨取引所と比較して、売買スプレッドが大きいのに...

あくまでもポイント利用のサテライト投資で…

わたしはNISAでインデックス投資信託を積み立てています。

国内個別株・米国個別株・暗号通貨はあくまでもポイントを利用したサテライト投資として続けていくつもりです。

今回のLINEポイントの現金化はポイント利用がとてもやりやすくなりそうです。