妻のねんきん定期便、数字を確認しました…令和元年5月

北アルプス小池新道 鏡池 全般

2019年(平成31年・令和元年)4月、妻に、はがき大の「ねんきん定期便」が送られてきました。

この「ねんきん定期便」に記載されている数字をひとつひとつ確認しておきたいと思います。

スポンサーリンク

今回送られてきた妻のねんきん定期便です

「2.これまでの年金加入期間」を確認していきます

妻の場合、短大在学中は国民年金に加入していません。当時は20歳になっても、学生は国民年金の加入義務はありませんでした。

1991年度(平成3年度)からは、学生でも20歳になれば国民年金に加入しなければなりません。そのかわり学生の間は国民年金を納めなくてもよいという「学生納付特例制度」があります。

年金の学生納付特例を利用した娘に追納期限が迫る。どうする!?
娘が大学生のとき、国民年金の「学生納付特例制度」を利用していました。 この猶予された保険料の追納期限が10年までということになっています。娘の追納期限が近づいているということで、この追納のメリット・デメリットについて調べてみました。 学生納付特例制度とは 国民年金は、20歳以上で強制加入となります。学生納付特例を申請すると、学生期間中、国民年金保険...

短大卒業後、事務職とし就職し厚生年金に加入して「第2号」なりましたが、その後退社し私と結婚するまでは「第1号」でした。

結婚相手のわたしが厚生年金に加入していて「第2号」でしたので、妻は結婚して「第3号」になりました。

わたしが早期退職すると妻も私も「第1号」になり現在に至っています。

短大生時代「未加入」→会社員として「第2号」→退社して「第1号」→結婚して「第3号」→わたしが退社して「第1号」

妻は2019年4月で満60歳の誕生日を迎え、いちおう2019年3月で国民年金の納付を終了します。今回のねんきん定期便は「2019年2月までの記録」で記載されていますが、前納制度で2019年3月までの納入を終えています。

  • 第1号:148月
  • 第2号: 75月
  • 第3号:246月
  • 合計:469月
  • 未加入:11月

「3.老齢年金の種類と見込額」を確認していきます

老齢基礎年金772,041円

老齢基礎年金額は以下の式で求めます。
老齢基礎年金満額×保険料納入月数/480月

満額金額
平成30年度:779,300円
令和01年度:780,100円

今回のねんきん定期便は「平成31年2月時点のデータ」ということなので、平成30年度の満額を使います。

779,300×469/480=761,441円

これは、提示された金額と合いません。

実は、わたしが退職して妻も「第1号」になりましたが、国民年金保険料に上乗せして「付加年金保険料」も納入していました。

令和元年3月までで53ヶ月分納入しているので、

200円×53=10,600円上乗せされます。

761,441円+10,600円=772,041円

となり、提示された金額が求まりました。

国民年金の追納・任意加入に加え、付加年金も上乗せしました
60歳を迎え、老齢基礎年金の部分を増やすために、国民年金の追納と任意加入を利用しました。 さらに年金額を増やす方法として、付加年金に加入しました。 付加年金に加入しました 付加年金とは、国民年金の保険料に付加保険料(月額400円)を上乗せして納めることで、 将来的に受給する年金額を増やすことができる年金制度です。 国民...

特別支給の老齢厚生年金 28,871円

1959年(昭和34年)4月生まれの妻の場合「特別支給の老齢厚生年金」は、61歳になる2020年(令和2年)4月の翌月の5月分から支給されます。

特別支給の老齢厚生年金とは、支給開始年齢は
昭和61年度(1986年度) から基礎年金制度が導入され、年金の受給のしくみが大幅に変わりました。 国民年金は全国民共通の基礎年金となり、厚生年金は基礎年金に上乗せされる報酬比例年金になりました。 厚生年金加入者の年金は旧制度では定額部分+報酬比例部分となっていましたが、定額部分が基礎年金に置き換わり、基礎年金+報酬比例年金になりました。 ...

特別支給の老齢厚生年金は報酬比例部分が支給されます。報酬比例部分の計算には「本来水準」と「従前額保障」の2つの計算式があり、金額の多いほうが支給されます。

わたしが作成したワークシートに、過去に郵送されていた妻のねんきん定期便の報酬額を入力し報酬比例部分を求めてみました。

<平成元年度版>厚生年金報酬比例部分計算用ワークシート、ダウンロードOK!
私は2015年61歳から「特別支給の老齢厚生年金」を受給しています。これは老齢厚生年金の報酬比例部分に相当します。 報酬比例部分の計算はとても複雑ですが、「ねんきん定期便」の標準報酬額を入力して計算する平成元年度版のワークシートを作成しました。 ねんきん定期便やねんきんネットに記載されている報酬額を入力すると厚生年金の報酬比例部分を求めることがで...

結果は以下の通りになりました。(令和元年度の計算結果)

従前額保障年金額 91,823円
本来水準年金額  92,467円

いずれの金額も提示されている28,871円とは大きく異なります。

これは、妻の勤めていた会社が「厚生年金基金」制度を採用していて、本来国に納める年金保険料の一部を「基金」で代行して運用していているためです。提示された28,871円は、国に納めた分の金額しか反映されていません。

この「厚生年金基金」はすでに解散されていて、妻の資産は「企業年金連合会」に引き継がれています。

少し古い数字ですが平成26年時点で「「企業年金連合会」が提示した年金額が65,697円となっており、28,871円と合計すると、94,568円となります。

「基金」の資産には上乗せ部分があるはずなので報酬額から求めた年金額より多くなると思いますが、いまのところ正確にはわかりません。

元OLの皆さん、中途退職者の厚生年金基金を忘れていませんか!
数年前、私が60歳に近づいてきた頃、年金についていろいろと調べ始めていました。 そのとき、妻の年金手帳の間に、妻が結婚前に事務職として勤めていた会社の厚生年金基金証書を見つけました。妻が20代に6年余り勤めていた会社の厚生年金証書です。妻に確認したところ「よくわからない、覚えていない」とのこと。調べてみることにしました。 妻の厚生年金基金証書です...

老齢厚生年金経過的加算部分 109円

老齢基礎年金の算出には、20歳未満60歳以降の厚生年金の加入月数はカウントされません。この部分を年金額に反映するために「経過的加算部分」があります。

また、20歳未満60歳以降の厚生年金加入歴がない場合も、わずかながら経過的加算部分の金額が生じます。妻はこれに当たります。

経過的加算(差額加算)は以下の式で計算します。
A=厚生年金定額単価×全期間厚生年金加入月数
B=基礎年金満額×20歳以上60歳未満厚生年金加入月数/480
経過的加算=A-B

平成30年度
厚生年金定額単価=1,625円
基礎年金満額=779,300円
全期間厚生年金加入期間=75月
20歳以上60歳未満厚生年金加入月数=75月
1625×75-779,300×75/480=109

ねんきん定期便の数字が求まりました。

厚生年金の経過的加算て一体なあに?差額加算ともいう…
これはH26年6月に届いたねんきん定期便です。老齢年金見込額(65歳~)の老齢厚生年金の欄に経過的加算部分として212円と記載されています。 これは平成27年61歳になって特別支給の老齢厚生年金の受給手続きに行ったとき渡された制度共通年金見込額照会回答票です。65歳からの老齢厚生年金の欄に差額加算として264円と記載されています。 この経...

国民年金任意加入の手続きをする予定です

妻は国民年金の保険料納付期間が合計469月です。老齢基礎年金を満額支給されるためには480月必要で、11ヶ月足りません。これは、短大在学中の期間が未加入になっているためです。

60歳以降65歳未満の期間で国民年金保険料を支払い、この未納部分をカバーできるのが「任意加入制度」です。付加年金も上乗せできます。

任意加入で11か月分を納めて何年でモトがとれるかを令和元年度の数値で計算してみます。

国民年金保険料
16,410円/月×11月=180,510円
付加年金保険料
400円/月×11月=4,400円
合計184,910円を納付することになります。

任意加入しない場合の「老齢基礎年金+付加年金」
780,100円×469/480=762,223円
200円×53=10,600円
合計772,823円

任意加入した場合の「老齢基礎年金+付加年金」
満額780,100円
200円×(53+11)=12,800円
合計792,900円

792,900-772,823=184,910円
184,910÷20,077=9.2年

任意加入制度で18.5万円納付すると老齢基礎年金額が2万円増え、約9.2年74.2歳でモトが取れることになります。

60歳からの国民年金任意加入、74.5歳で元がとれお得です
私は60歳までの52ヶ月間、国民年金保険料免除を受けていました。 これについて、保険料をあとから納める追納を検討し、そのメリットに疑問を感じながらも、最終的には追納を実行しました。 年金額をさらに増やす方法として国民年金の任意加入を検討しました。 国民年金の任意加入制度とは 60歳になると国民年金保険料の納入義務がなくなりますが、...

まとめ

妻の場合、65歳から支給される「特別支給の老齢厚生年金」には、OL時代会社に納めた厚生年金基金保険料の分が含まれていません。

厚生年金基金に納めた資産は「企業年金連合会」に引き継がれていて、別途に手続きが必要になります。

65歳から支給される基礎年金額は満額の469/480になり、11か月分だけ満額金額から足りません。これは、任意加入で満額にする予定です。