<平成元年度版>厚生年金報酬比例部分計算用ワークシート、ダウンロードOK!

北アルプス 雲の平 テント場 厚生年金

私は2015年61歳から「特別支給の老齢厚生年金」を受給しています。これは老齢厚生年金の報酬比例部分に相当します。

報酬比例部分の計算はとても複雑ですが、「ねんきん定期便」の標準報酬額を入力して計算する平成元年度版のワークシートを作成しました。

ねんきん定期便やねんきんネットに記載されている報酬額を入力すると厚生年金の報酬比例部分を求めることができます。

使っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

厚生年金の報酬比例部分は2通りの計算方法があります

老齢厚生年金の報酬比例部分は「本来水準年金額」と「従前額保障年金額」の2通りの計算方法があります。

文字通り本来の支給額は「本来水準年金額」ですが、「従前額保障年金額」が上回る場合はそちらの金額が支給されます。

私の場合は、「従前額保障年金額」が支給されています。

特別支給の老齢厚生年金の支給額を自分で計算してみました
1954年(昭和29年)8月生まれの私の場合、61歳の誕生日の翌月すなわち2015年9月から特別支給の老齢厚生年金を受給しています。この特別支給の年金は、老齢厚生年金の報酬比例部分が支給されます。 年金額は930,500円と提示されました。この930,500円という金額を自分で算出してみることにしました。 老齢厚生年金の報酬比例部分の計算...

計算式は以下の通りです

昭和21年4月2日以降に生まれた人の計算式は以下の通りになります。

平均A・平均A’=H14年度以前の平均報酬月額
平均B・平均B’=H15年度以降の平均報酬額
※H15年度より賞与を含めた報酬額になりました

本来水準年金額
=平均A×0.007125×月数 +平均B×0.005481×月数

従前額保障年金額
=(平均A’×0.007500×月数+平均B’×0.005769×月数 )×改定率

厚生年金の本来水準と従前額保障の年金額を報酬額の記録から計算しました
私は2015年9月から特別支給の老齢厚生年金を受給しています。この特別支給の年金は、老齢厚生年金の報酬比例部分が支給されます。 報酬比例部分の計算には(1)本来水準(2)従前額保障の2通りの方法があります。 私の場合は(2)従前額保障の年金額であることを、以下の記事の中で確かめました。 そもそも(1)本来水準の年金額と(2)従前額保...

厚生年金報酬比例部分の計算用ワークシート作成しました

無料のオフィスソフト「LibreOffice Calc」で厚生年金報酬比例部分の計算用ワークシートを作成しました。

「ねんきん定期便」の平均報酬月額を入力して厚生年金の報酬比例部分を求めてみてください。

計算シートのイメージ

報酬比例部分計算シート

入力方法

ねんきん定期便標準報酬月額
※千の位より上を記入してください(134,000円→134)
※賞与月は、標準報酬月額と標準賞与額の合計を記入してください。

年度4月5月6月7月
平成13年500500500500
平成14年500500500500
平成15年5005005001100
平成16年500500500950

こちらからダウンロードしてください

LibreOffice Calc odsファイル

MicrosoftOfficeでの動作確認はしていませんが、たぶん開けると思います。

LibreOfficeは無料のオフィスソフトです。 ワードプロセッサのWriter、表計算アプリケーションのCalc、プレゼンテーションエンジンのImpressなどがすべて無料で使えます。わたしは、会社勤務の時は当然のようにMicrosoftOfficeを使ていましたが、いまはLibreOfficeをほぼ問題なく使っています。
LibreOfficeダウンロードはこちら

不具合等あればメッセージください

自分の年金記録で確かめておりますが、万一数字間違い、不具合等あれば、メッセージからご連絡お問い合わせください。