65歳から厚生年金の加給年金も加算されます

中央アルプス南駒ケ岳 厚生年金
中央アルプス南駒ケ岳

平成27年(2015年)9月に、61歳からの特別支給の厚生年金の手続きをしたとき、制度共通年金見込額照会回答票という書類を2通もらいました。

1通は61歳からの特別支給の厚生年金の支給見込額、もう1通は65歳からの基礎年金と厚生年金の支給見込額が記載されていました。

下の画像は65歳から支給見込額の一部です。老齢厚生年金の配偶者加給として390,100円と記載されています。
制度共通年金見込額照会回答票

スポンサーリンク

加給年金・配偶者加給年金とは

厚生年金保険の加入期間が20年以上ある人が65歳に達したとき、その人によって生計を維持されている65歳未満の配偶者や18歳未満の子がいる場合に、家族手当の意味合いを持つ加給年金が支給されます。

さらに、受給資格者の生年月日が昭和9年4月2日以降の場合、配偶者の加給年金額に生年月日に応じた特別加算があります。

これは61歳時に提示された65歳からの加給年金の内訳です。
平成27年度の数字で提示されています。

加給年金金額
配偶者加給年金 224,500円
配偶者特別加算 (※)165,600円
合計390,100円
平成30年度の数字は以下のようになっています。
加給年金金額
配偶者加給年金 224,300円
配偶者特別加算 (※)165,500円
合計389,800円
(※)S18.4.2以降生まれ受給資格者の金額

この加給年金は、私が65歳になる2019年8月から支給が始まり、妻が65歳になり基礎年金の支給が始まる2024年4月の前月まで支給が続きます。

厚生年金の繰下げ待機期間中加給年金は支給されません

老齢基礎年金・老齢厚生年金は、65歳で請求せずに66歳以降70歳までの間で申し出た時から老齢年金を繰下げて請求できます。これを繰下げ受給といいます。

老齢厚生年金と老齢基礎年金をそれぞれに繰下げ時期を選択できます。

1カ月受給を遅らすごとに0.7%支給額が増額されます。1年遅らすと8.4%、5年遅らすと42%増額されます。

老齢厚生年金の繰下げ受給を選択した場合、繰下げ待機期間中は、加給年金部分のみを受けることはできません。また、繰下げしても、加給年金部分は増額されません。

加給年金を受給できる場合、繰下げ受給の選択肢はないと思います。

妻が65歳になると振替加算に切り替わります

配偶者加給年金は、配偶者が65歳になり老齢基礎年金が支給されると停止されますが、条件を満たせば、配偶者の基礎年金の振替加算に切り替わり支給されます。

振替加算が支給される主な条件

  • 配偶者が大正15年4月2日から昭和41年4月1日までの間に生まれていること
  • 配偶者の厚生年金保険の加入期間が240月未満であること

振替加算の換算額は配偶者の生年月日によって決まり、昭和34年4月生まれの妻の場合は以下のようになります。

 私の厚生年金の加給年金部分
 ↓ ×0.120
 妻の基礎年金の振替加算部分

平成30年度の数字で計算すると振替加算はこの金額になります。
224,300×0.120=26,916円

詳細は以下のサイトを参照して下さい。
加給年金額と振替加算[日本年金機構]

まとめ

  • 厚生年金に20年以上加入した人は、65歳未満の配偶者がある場合、65歳からの老齢厚生年金に配偶者加給が加算されます
  • 受給資格者の生年月日に応じてさらに配偶者特別加算があります
  • 配偶者加給は配偶者が65歳になると振替加算に切り替わります
厚生年金
スポンサーリンク
シェアする
ナワキミノをフォローする
投資とネットと年金生活