厚生年金の本来水準と従前額保障の年金額を報酬額の記録から計算しました

南アルプス空木岳駒峰ヒュッテ
南アルプス空木岳駒峰ヒュッテ

私は2015年9月から特別支給の老齢厚生年金を受給しています。この特別支給の年金は、老齢厚生年金の報酬比例部分が支給されます。

報酬比例部分の計算には(1)本来水準(2)従前額保障の2通りの方法があります。

私の場合は(2)従前額保障の年金額であることを、以下の記事の中で確かめました。

1954年(昭和29年)8月生まれの私の場合、61歳の誕生日の翌月すなわち2015年9月から特別支給…

そもそも(1)本来水準の年金額と(2)従前額保障の年金額では、それぞれの算出のもとになる平均標準報酬(月)額の求め方に違いがあります。

(1)(2)それぞれの平均標準報酬(月)額を求め年金額を算出してみました。

スポンサーリンク

ねんきん定期便に私のすべての報酬額が記載してありました

私は平成20年2月に早期退職しており、平成24年6月に届いた「ねんきん定期便」には、私の厚生年金保険のすべての報酬額と納付金額が記載されていました。これがその一部です。
ねんきん定期便報酬額
各欄の1段目が報酬月額、2段目が賞与、3段目が保険料納付分です。各年度4月分~7月分が写っています。平成15年より7月分に賞与が含まれています。

平成15年度より、報酬額に賞与を含めるようになり、平均標準報酬月額から平均標準報酬額に言葉が変わりました。年金額を算出するときの乗数も両者を区別して、数値が変わっています。。

平均標準報酬(月)額を求めるポイントは再評価率にあり

年金額算出の元になる平均標準報酬(月)額を求めとき、一番のポイントとなるのが再評価率です。

平成10年の1万円と平成20年の1万円と平成30年の1万円では当然その価値に違いがあります。平均標準報酬(月)額を求める際、その貨幣価値の違いを考慮して、年度ごとに再評価率を掛けて報酬額を修正します。

ここで注意することは、(1)本来水準の年金額を求めるときと(2)従前額保障の年金額を求めるときでは、異なった再評価率を用いているということです。

本来水準の年金額を求めるとき
実際の報酬額→その年度で定めた再評価率→平均標準報酬(月)額→本来水準年金額

従前額保障の年金額を求めるとき
実際の報酬額→平成6年の再評価率→平均標準報酬(月)額→従前額保障年金額

(2)従前額保障の年金額の方から求めてみます

この年金証書の年金額は「従前額保障の年金額」で、ここに記載のある平均標準報酬(月)額は従前額保障の年金額を求めるための数値です。これを確かめてみます。

年金証書""

従前額保障
H14年度までの平均標準報酬月額

再評価率はH6年度の数値を使います。
S60年度とH1年度は年度の途中で再評価率が変更されています。

年度報酬額(千)再評価率再評価額(千)
S5617361.4602534.560
S5722501.3903127.500
S5825201.3403376.800
S5927601.2903560.400
S6014401.2901857.600
S6014401.2201756.800
S6128801.2203513.600
S6230001.1903570.000
S6332401.1603758.400
H0125401.1602946.400
H0113601.0901482.400
H0244401.0904839.600
H0347401.0404929.600
H0441201.0104161.200
H0543600.9904316.400
H0647400.9904692.600
H0755200.9905464.800
H0856400.9905583.600
H0958200.9905761.800
H1060000.9905940.000
H1160000.9905940.000
H1260000.9175502.000
H1360000.9175502.000
H1460000.9175502.000
報酬額合計(千円)99620.060

報酬額合計=99,620,060円
月数=263月
平均標準報酬月額=99,620,060円÷263月=378,783円

従前額保障
H15年度以降の平均標準報酬額

年度報酬額(千)再評価率再評価額(千)
H1571000.9176510.700
H1667000.9176143.900
H1762500.9235768.750
H1853700.9264972.620
H1949200.9244546.080
H2045100.9244167.240
報酬額合計(千円)32109.290

報酬額合計=32,109,290円
月数=71月
平均標準報酬月額=32,109,290円÷71月=452,244円

年金証書どおりの数値が求まりました

H15年3月のまで平均標準報酬月額とH15年4月以降の平均標準報酬額の両方とも、年金証書の提示どおり求まりました。

従前額保障の年金額の計算は以下のようになります。
378,783円×7.500/1000×263月=747,149円
452,244円×5.769/1000×71月 =185,239円
747,149円+185,239円=932,388円
これに、年度ごとに定められた従前額改定率を掛けます。

H27年度の従前額改定率を掛けます
932,388×0.998=930,523円

実際は100円未満が四捨五入されるため、930,500円となっています。

本来水準の年金額を求めてみます

H27年度の支給額を求めるのでH27年度の再評価率を用いて算出します。
S60年度とH1年度は年度の途中で再評価率が変更されています。

本来水準
H14年度までの平均標準報酬月額

年度報酬額(千)再評価率再評価額(千)
S5617361.5442680.384
S5722501.4703307.500
S5825201.4193575.880
S5927601.3643764.640
S6014401.3641964.160
S6014401.2911859.040
S6128801.2913718.080
S6230001.2573771.000
S6332401.2273975.480
H0125401.2273116.580
H0113601.1531568.080
H0244401.1535119.320
H0347401.1005214.000
H0441201.0704408.400
H0543601.0474564.920
H0647401.0274867.980
H0755201.0065553.120
H0856400.9945606.160
H0958200.9815709.420
H1060000.9695814.000
H1160000.9685808.000
H1260000.9685808.000
H1360000.9675802.000
H1460000.9735838.000
報酬額合計(千円)103414.144

報酬額合計=103,414,144円
月数=263月
平均標準報酬月額=103,414,144円÷263月=393,210円

本来水準
H15年度以降の平均標準報酬額

年度報酬額(千)再評価率再評価額(千)
H1571000.9766929.600
H1667000.9776545.900
H1762500.9796118.750
H1853700.9795257.230
H1949200.9764801.920
H2045100.9604329.600
報酬額合計(千円)33983.000

報酬額合計=33,983,000円
月数=71月
平均標準報酬月額=32,109,290円÷71月=478,634円

本来水準の年金額を求めてみます

393,210円×7.125/1000×263月=736,826円
478,634円×5.481/1000×71月 =186,261円
736,826円+186,261円=923,087円

私の報酬額から本来水準の厚生年金報酬比例部分をもとめると923,087円になりました。

この本来水準の額が、従前額保障の額を下回るため、従前額保障の方の930,500円が報酬比例部分の年金額になったわけです。

まとめ

私の年金記録の報酬額から平均標準報酬(月)額を求めました。

 本来水準従前額保障
H15年3月までの
平均標準報酬月額
393,210円378,783円
H15年4月以降の
平均標準報酬額
478,634円452,244円
厚生年金報酬比例部分
支給金額(H27年度)
923,087円930,523円

私の場合、結果的に従前保障額が年金額になりました。一般に、いまのところほとんど従前保障額が採用されているようです。

平均標準報酬(月)額を求めるときの再評価率は、従前保障の場合H6年度の再評価率で固定されています。一方、本来水準の再評価率は年度ごとに改定さます。

今後、物価上昇、賃金上昇などがあれば、年度ごとに改定される再評価率が上昇し、本来水準の年金額が従前保障の年金額を上回ることになります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする