国民年金の追納・任意加入に加え、付加年金も上乗せしました

北アルプス薬師岳頂上 国民年金
北アルプス薬師岳頂上

60歳を迎え、老齢基礎年金の部分を増やすために、国民年金の追納と任意加入を利用しました。

さらに年金額を増やす方法として、付加年金に加入しました。

国民年金免除の追納は84歳で元がとれます、損得は微妙です
私は平成21年(2009年)2月に早期退職し、3月より妻とともに国民年金1号になりました。 同4月より、失業保険をもらいつつ職業訓練校に1年通い、平成22年(2010年)11月より個人事業を開業し、現在(2018年)に至っています。 個人事業といってもまったく事業として成り立っていません。国民年金保険料免除制度の手続きを取り、平成22年4月から保...
60歳からの国民年金任意加入、74.5歳で元がとれお得です
私は60歳までの52ヶ月間、国民年金保険料免除を受けていました。 これについて、保険料をあとから納める追納を検討し、そのメリットに疑問を感じながらも、最終的には追納を実行しました。 年金額をさらに増やす方法として国民年金の任意加入を検討しました。 国民年金の任意加入制度とは 60歳になると国民年金保険料の納入義務がなくなりますが、...
スポンサーリンク

付加年金に加入しました

付加年金とは、国民年金の保険料に付加保険料(月額400円)を上乗せして納めることで、 将来的に受給する年金額を増やすことができる年金制度です。

国民年金第1号被保険者任意加入被保険者が加入できます。 第2号被保険者(会社員や公務員)は加入することができません。

月額400円の付加保険料を追加納付すると、老齢基礎年金に200円×納付月数の付加年金が加わります。

付加年金は2年でモトが取れます

例えば、◯ヶ月納付すると
付加保険料納入額=400×◯
付加年金額=200×◯
何年でモトが取れるか
(400×◯)÷(200×◯)=2年
何歳でモトが取れるか
65+2=67歳
もらい始めて2年でモトが取れます

私は付加年金に加入したのが60歳から3ヶ月過ぎていたので、65歳まで加入して57ヶ月加入となります。

付加保険料納付額=400×57=22,800円
付加年金額=200×57=11,400円
正直、あまり大きな金額ではありません。

追納+任意加入+付加年金で年金はいくら増えるか

下のねんきん定期便には60歳以降何も手を打たないときの年金額が提示されています。老齢基礎年金額は602,300円です。
ねんきん定期便
追納+任意加入で老齢基礎年金額はこの金額になります。

年金額増額追納前追納後追納+任意加入
厚生年金納付月数334334334
国民年金納付月数40.12565122
納付月数合計374.125399456
満額に対する割合77.9%83.1%95.0%
満額支給額(H26)772,800772,800772,800
基礎年金支給額602,341642,390734,160
これに付加年金額を加え、老齢基礎年金額が745,634円になります。

老齢基礎年金の額を目一杯増やしました。

国民年金
スポンサーリンク
シェアする
ナワキミノをフォローする
投資とネットと年金生活