<初耳の言葉>嫌儲 ケンモウ 2020/4/22

初耳の言葉初耳の言葉

私にとって初めて聞いた、見た、知った言葉を記録しています。

スポンサーリンク

嫌儲 ケンモウ

嫌儲(けんもう、けんちょ、いやもう)とは、匿名掲示板サイト「2ちゃんねる」内の書き込みなどを営利目的で転用する行為を嫌うことや嫌う人々を指すインターネットスラング(他人が楽に儲けることに対する心情的反発といった意味合いがある)。

派生して、人が金儲けすること自体を嫌うことを意味する(川上量生によれば、クリエイターやコンテンツ制作者が対価を得ることを嫌うことも指す)。

Web上で作られた造語であるため、発音される機会が少なく、正しい読みが確立されていないが、読みは「けんちょ」のほか、「けんもう」、「いやもう」などの読み方もある。なお造語の提唱者は「いやちょ」や「いやもうけ」などと読んでもよいとしている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AB%8C%E5%84%B2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

このサイトの中にありました

安倍総理の星野源さんとのコラボ動画が炎上したことを「100日後に死ぬワニ」が最後に炎上したことと関連付けて、これらの事象がサイトユーザーの「嫌儲」によるのではないかと言っています。

3ページ目に出てきます。

「100日後に死ぬ安倍政権」…と晋三とワニくんと"電通案件" 35万いいねの「空前絶後の大炎上」
アーティストの星野源さんがアップした「うちで踊ろう」の動画とコラボした安倍晋三首相のTwitter投稿が炎上している。もともと、この動画はアーティストがライブやレコーディング活動の自粛を余儀なくされる中で…
初耳の言葉
シェアする
ナワキミノをフォローする
スポンサーリンク
投資とネットと年金生活