ANAトクたびマイルとGoToトラベルで紅葉の蔵王へ一泊旅行

地蔵山からの眺望ANAマイル

「トクたびマイル」と「GoToトラベル」を使って、妻と二人、紅葉の蔵王へ一泊旅行に行きました。

伊丹空港から仙台空港へ、レンタカーで宮城蔵王から山形蔵王へ、山形道を経て仙台空港に戻り帰ってきました。

スポンサーリンク

トクたびマイルを使って

ANAマイレージクラブのトクたびマイルは、通常のマイル数より少ないマイル数で利用できるとてもお得な制度です。

  • 毎週火曜日の午前12時に路線発表
  • 毎週水曜日の午前0時から予約開始
  • 毎週木曜日から1週間、片道3,000マイルから利用可能

10/1から10/7の1週間の伊丹発着の場合(一部)

  • 伊丹~東京 6,000→3,000マイル
  • 伊丹~熊本 6,000→3,000マイル
  • 伊丹~仙台 7,500→4,500マイル
  • 伊丹~沖縄 7,500→4,500マイル

予約変更については、対象搭乗期間内(1週間)でかつ同一区間のみ変更が可能で、対象搭乗期間外への変更はできません。

伊丹~仙台を利用しました

9月30日(水)午前0時過ぎたところで、伊丹~仙台、妻と二人分、往復で予約しました。

二人分、往復、レギュラーシーズン、30,000マイルのところ、18,000マイルで予約することができました。

宿はじゃらんで予約しました

じゃらんで宮城蔵王の麓の温泉宿を1泊予約しました。

自動的にGoToトラベルキャンペーンの35%オフが適用されました。

  • 1人1泊18,150円×2人=36,300円
  • GoToオフ36,300円×35%=12,705円
  • ポイント利用1,100円
  • 36,300-12,705-1,100=22,495円

この金額を現地決済することになりました。

実際には、入湯税300円を含め、現地で22,795円を支払いました。

地域共通クーポンは現地でもらいました

じゃらんの予約確認ページで「地域共通クーポン」の説明がありました。

36,300×15%=5,445円、1,000未満は四捨五入になるので、「5,000円分のクーポンを現地の旅館で受け取る」とありました。

宿にチェックインしたとき、5,000円分のクーポンをもらいました。

着いたその日と次の日が有効です。宿で使わない場合は、実質的には次の日1日しか使えないことになります。

1日目は蔵王観光できず

定刻に仙台空港に到着、予約していたレンタカーで蔵王方面に向け出発。

1日目は蔵王の火口湖「御釜」を観光し、周辺をウォーキングする予定でした。

ナビの見当違いの案内で遠回りしましたが、蔵王エコーラインを経由して、空港から2時間ほどで御釜に通じる有料道路「蔵王ハイライン」の入口付近に着きました。

周辺は濃いガスのなかで、上がっても「御釜」を見れそうにもないので、いったん下って様子を見ることにしました。

濃いガスは全く取れませんでしたが、せっかく来たのだからと、通行料550円をはらって「御釜」まで上がりました。

案の定、頂上付近は濃いガスに覆われていて、全く「御釜」を見ることができませんでした。

しばらく頂上のレストハウスで待ちましたが、翌日もう一度行くチャンスがあるので、蔵王エコーラインを宮城方面に戻り、宿に向かいました。

温泉宿を楽しみました

蔵王の宮城側にある温泉宿に泊まりました。

この宿は趣の違う源泉かけ流しの湯殿が6種あり、湯殿巡りを楽しむことができます。

建物そのものは年季が入っていましたが、温泉、食事を十分楽しむことができました。

2日目はなんとか天気が回復しました

御釜を見ることができました

朝一番にもう一度、「御釜」に向かいました。

晴れてはいませんでしたが、御釜にガスはかかっておらず、1時間ほど御釜周辺を歩くことができました。

蔵王御釜

駐車場を離れる頃には周辺はガスに包まれていました。少し遅れていたら御釜を見られなかったかもしれません。ラッキーでした。

蔵王ロープウェイで山形蔵王の頂上へ

御釜からエコーラインを山形側に降りていき、山形蔵王の麓にある蔵王ロープウェイ乗り場に向かいました。

蔵王ロープウェイは頂上往復が1人3,000円で、ここで地域共通クーポン5,000円を全部使いました。

ロープウェイの終点「地蔵山頂駅」はガスの中で眺望は全くききません。山頂駅のレストランで早めの昼食をとって様子を見ることにしました。

食事後も天気が回復する様子がありませんでしたが、その後の予定も考えていなかったので仕方なく時間を潰しました。

12時頃少しガスが取れてきたので、天気の回復を祈りながら山頂駅を出発、山頂駅からひと登りする地蔵山の山頂を目指しました。

30分ぐらいで頂上に着きましたが、なんとラッキーなことにガスが取れて、周辺の山々、山形市街方面を見渡すことができました。

時期が早いかなとあまり期待していませんでしたが、頂上付近のみごとな紅葉を見ることができました。

地蔵山からの眺望

ロープウェイの途中駅からいろは沼へ

下りは、ロープウェイ中間駅の樹氷高原駅で降り、リフトを乗り継いで、「いろは沼」を見に行きました。樹齢数百年の松が立ち並ぶ「観松平」も一周しました。

いろは沼

山形道を通って仙台空港へ

ロープウェイ駅を出発、山形道、東北道、仙台南部道路を通って仙台空港へ。

仙台空港で夕食に牛タンを食しました。

定刻通り伊丹空港に到着、無事旅を終えました。

ANAマイル
シェアする
ナワキミノをフォローする
スポンサーリンク
投資とネットと年金生活